ケイトさんと育児と生活。

育休中ママンです。tweet(@katemofu2)より深く考えた事をブログに書いてます。

パパッとリゾット!

こんにちは、ケイトです。

 

今晩は、先日鶏胸肉を茹でた時に出た出汁を使ってリゾットを作りました。

とっても美味しい〜😋

f:id:kate-san:20170926211611j:image

 

火加減が難しいかなぁと思いましたが、

意外と育児で忙しめの時でもどうにか作れました⭐️

 

●材料 (2人分)

生米 1カップ

出汁 (もしくはコンソメスープ) 450ml

自分が入れたい具(今回はエリンギ、玉ねぎ、豚肉)

 

●作り方

①具はみじん切りにしてオリーブオイルで炒めて、軽く塩胡椒を。炒められたら、一旦、鍋から取り出す。

②生米もオリーブオイルで色が透明になるまで炒める。

③生米の色が変わるまで炒められたら、出汁を入れて中火〜弱火で20分程炊く。

グツグツ煮立つ状態をキープする。

保温性が優れている鍋ならば一旦沸騰させたら火を止めて20分程放置でも良いです。

※時間は目安です。お米の様子を見て、好みの硬さの一歩手前までで調節してください。

④お米がいい感じになったら、具を戻し入れて、混ぜる!

 

ハイッ!出来上がりっ✨

 

ポイントは、

生米を研いでからよ〜〜く水を切っておくこと。もしくは、無洗米を使用すること。

そうする事で、お米が割れずに美味しく出来上がります。

 

もう1つのポイントは、

具とお米を分ける事で、具を多めにどっさり入れられる事。

具が多いと、一皿でごはんもおかずも食べられて、サクッとパワーチャージです🙌✨

 

親と子の正義

子供はすごく可愛いい。愛おしい。笑ってくれると幸せな気分になる。きっと私の親も同じ愛情を注いでくれたんだと思う。

 

その愛情を私は感じることができたのだろうか。

うるさいな、面倒だなと思ったことがたくさんある。

 

親は親の価値観で私に対して最も良いと思うことをアドバイスしてくれる。時には強制してくる。でも、その時の私の価値観と合ってなくて、反抗するし、親は私をわかっていないと思う。

 

どうすれば、親と子がわかりあえるのだろうか。

子に私の限定的な価値観を強制してはいけないけど、子は未熟なので正義を教える必要がある。でも、本当の正義なんて私はわからない。

 

親の考える正義と子の考える正義に違いがあるときはどうしたらいいのだろう。親の正義は古い常識に捕らわれた使い物にならない正義かもしれない。

 

この世に絶対的な正義なんてない。だから、親子で話し合う時間を十分にとり、私の意見、子の意見、そして夫の意見を言い合って、時には反対の意見にも従って、だけど反対の意見でも愛情があるということを理解しあい、少しづつ、お互の正義を学び合うしかないのだろうと思う。

 

親子でお互いに何が正義であるかを理解しあうことは必要。しかし、従う必要はない。自分の正義を貫くために、相手の嫌がることをしてはいけない。愛情があるというこは理解するべきだし、愛情を表現することは大事。たくさん話すことが一番大切です。

 

ケイトのポエムでした。

都営地下鉄「秋」のワンデーパス

こんにちは、ケイトです。

 

先日、都営地下鉄 秋のワンデーパスを利用しました😊✨

 

秋のワンデーパスは、大人500円で発売当日に限り乗り降り自由な切符です!

往復で500円以上の区間であれば、ワンデーパスの方が節約になります〜💵

 

※詳しくは

https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/subway/fare/otoku_subway_oneday.html

 

 

私はこのワンデーパスを使用して六本木へ遊びに行きました⭐️

 

ミッドタウンでは、ワンデーパス利用者が受けられる特典がありました✨

この特典冊子は、ガレリア1FまたはプラザB1のインフォメーションカウンターで貰えます。

f:id:kate-san:20170922223512j:image

 

こう言うクーポンがきっかけで新たなお店にチャレンジできたりしますよね😊

 

ただ、今回は、子連れの為、あまりゆっくりは出来なかったので、

お夕飯としてのお弁当を購入する事にしました。

 

帰り際に、平田牧場をのぞいてみたら、

タイミング良く、お弁当が半額になっていました!

これに加えて、特典としてメンチカツを1つ頂きました😋✨

f:id:kate-san:20170922223946j:image

 

お弁当とメンチカツはとっても美味しくて、

お得な気分になっちゃいました😆

Happy Halloween!の飾り付け

こんにちは、ケイトです。

 

季節の装飾とか面倒なのですが…

子供がいる事によって考え方がちょっと変わりました。

 

まだ低月齢なので全く意味はわからないと思いますが、目で見て楽しんでもらえたらと思って。

 

じゃじゃーん✨

f:id:kate-san:20170919113223j:image

手抜きだけど!

 

これらは、キャンドゥで購入しました。

100円(税込108円)で、セサミが手に入るなんて〜✨

可愛いっ💕

 f:id:kate-san:20170919112302j:image

ベビー おもちゃ bolli (ボリィ)

こんにちは、ケイトです。

 

やっとこさbolli(ボリィ)をゲットした〜!

f:id:kate-san:20170917191539j:image

 

最近、何でも口に入れたがりになってきたので、おもちゃは基本的に洗える物が必須条件の1つに。

 

bolliは、洗えるどころか、電子レンジ、薬液、煮沸消毒までオッケーです!

 

そして、bolliは、オーボールラトルより口に入れやすいと評判です。

すなわち、歯固めおもちゃも兼用できると言う事ですよね!

 

早速、遊んでもらおうー!

お食い初め

こんにちは、ケイトです。

 

先日、と言ってももはや結構経ちますが、お食い初めをしました。

 

色々考えた結果、私達は自宅で行いました。

 

祖父母(私達夫婦の両親)も呼んで、終始、のんびり過ごす事が出来てとっても良かったです。

 

お食い初め膳だけ手作りで、

大人の食事は、おこわ米八のお弁当を用意したので、用意も簡単でした。

 

f:id:kate-san:20170917125141j:image

 

●メニュー

お赤飯

炊飯器でちゃっちゃっと作りました。

 

お吸い物

蛤のお吸い物を用意したかったですが、夏で蛤の季節では無いのでオクラのお吸い物にしました。 

 

鯛は、ネットで既に焼いてある物を調達。

あるだけで、一気に華やかになりますね!

切り分けられていない姿が縁起が良いとされているようです。また、「首尾一貫」という言葉があるように、頭から尾までということには「最初から最後までまっとうする」という意味がある、と言う事で尾頭付きに拘りました。

 

酢の物

タコを使いました。

タコの意味は、「固いタコでも食べられる丈夫な歯」、「タコに『多幸』という漢字を当てて、たくさんの幸せを願う」などがあるそうです。

 

筑前

人参は型取りです。

型取りならば、不器用でも誰でも出来ます!

 

梅干し

梅干しには、「梅干しのように、しわができるまで長生きできるように」という意味が込められています。

 

歯固めの石

「石のように丈夫な歯が生えて、長生きできますように」という願いが込められています。

 

 

お食い初めを自分で用意する事によって、

各々のメニューや食材に色々な意味が込められている事も分かって良かったです。

 

ま、単純に、

我が子の人生、美味しい物がた〜〜くさん食べられるといいな!と思います。

ケイトさんのお産

こんにちは、ケイトです。

 

2017年の春に我が子が誕生して、数ヶ月が経過しました。

今更ですが、私の出産を振り返ってみました。

当時のメモを読み返すと、たった数ヶ月前なのにもう忘れてしまった事が多々ある事に気がつきました。

なので、記録として残しておきたいと思い、ブログに書いておく事にしました。

 

人生においても最もビッグイベントにも関わらず…「痛み」の記憶は都合よく消し去れるのが人類なのでしょうか。

 

まず、私は自然分娩でした。

私が自然分娩を選んだ理由は、

①単純に無痛分娩だと、費用が10万円程高い!

②私自身が、先生のお休みの関係で、陣痛促進剤を使って産まれてきたから。

本当に産まれたかった日はいつなのかなぁと思う事もあったからです。

なので、お腹の子のタイミングを大切にしたいなと思いました。

 

が、しかし、

お産の最中は、自然分娩を選択した事を本当に後悔しました。

(もし、第二子を授かる時は無痛分娩を選びたいです。)

 

 陣痛は、朝方4時頃、寝ている時に始まりました。生理痛かお腹を下した時の様な痛さでした。この時点で陣痛かどうか分かりませんでしたが、何となく、陣痛間隔を測るアプリを起動。

病院に行くまでは添付の通りでした。

規則正しいのかどうか…う〜ん、何とも。。

f:id:kate-san:20170915210858j:image

f:id:kate-san:20170915210902j:image

f:id:kate-san:20170915210909j:image

 

 陣痛間隔が10分未満にもなり始めた6時半頃に病院に電話をしたら、

朝ごはんを食べて7時半頃まで様子を見てね、と言う指示でした。

その時の痛みでも、まだ、生理痛の重い版です。
動いてれば痛みはそれほどでもないです。
朝ごはんは、食べられる。
今思えば、波がしっかりあったなぁと感じます。

 

7時半にもう一度、病院に電話をしたタイミングでも間隔があまり短くなってなかったので病院が開く8時半に外来に行く事になりました。

 

家から病院まで車で5分もあれば到着する距離なので、結構ぎりぎりまでお家で待機です。

 

そして、いざ、病院に到着して、内診台へ。

そのタイミングで、確か、子宮口は2〜3cm程の様でした。

いい感じにお産が進んでいると言う事で、そのまま入院&陣痛室へ!

 

陣痛室に移ると、いよいよ痛みが本格化してきました。痛みを逃してくれないと大変です。

 

【子宮口5〜8cm?(in 陣痛室)】
結構痛いです。でも、耐えられるレベルです。

痛みが引いてる時でも歩くのは辛かったです。
最初は会話は出来るが、考えて回答しなきゃいけない事はやや難しいです。

時間が経過すると共にだんだん、会話もできない状況に…。

 

【子宮口8cm〜全開 (※分娩室)】
痛みの波が来てる時は非常に痛い!!
痛みが引いてる時は、意識が朦朧としました。

この意識が朦朧とする感じは、自分自身で自然と麻酔がかかっている状態のようです。人間の仕組みって不思議ですねぇ。

 

一番、痛かった瞬間は、骨盤?にベビーの頭がしっかり入った時?が最も痛かったです。

普通は徐々に痛みが強くなる様ですが私は突然だったので驚きました。

助産師さん曰く、この痛みがピークとの事。が、しかし、この痛みがまた来るのかと思うと怖くて仕方ありません。無痛にしなかった事を後悔し、出産なんて出来ないと喚き散らかしました。笑
兎に角、今から無痛にできないか?等、目の前の痛みから逃げる事ばかり考えてしまいました。

 

【子宮口全開〜出産】
この時は、ほぼ記憶がないです。

破水はこの時だったはず。

ベビーの頭が見えると言う事で鏡で見せてもらいましたが、出口の小ささを目の当たりにし、全く産める気がしませんでした。

まぁ、案の定、会陰切開もしましたが、いつしたのか分からなかったです。

踏ん張っても踏ん張っても出てこない、まさに裂けそうな気分でした。


赤ちゃんに酸素を送らなきゃいけない時、力まないでゆっくり呼吸をするのが困難!ついつい力が入ってしまいます。

しかし、ここまで来たら頑張りきるしか無い為、助産師さんの言う事を忠実に守る事に意識を注ぎました。痛みより出産に集中する事で痛みは感じなくなりました。

 

そして、やっと【出産】!!
やっと出た。終わった。

 

ベビーの泣き声が聞こえて、ホッとしました。

 

【産後の処置】
胎盤が出てくるのは、痛くなかったです。
会陰切開した為、縫いました。麻酔を使ってるとは言え違和感です。

この時、足がガクガク震えていました。

(何故だろ?多分、ずっと力が入っていたからかな?)

 

ベビーは、儚げでした。

可愛いと言うより、やっと終わった事への安心感で、いっぱいでした。

 

分娩時間は約9時間でした。

初産にしては、早い方っぽいです。

 

産後の夜は、非常に興奮してる為、ほぼ眠れませんでした。(※ベビーは、新生児室でのお預かりです。)

そして、陣痛の痛みを思い出しては辛い…と思っていました。

お股はそこまで痛く無く、お尻が痛かったです。テニスボールでグリグリやり過ぎたようです。

 

臨月に比べてお腹は小さくなって自由に寝返りできると思いきや、お股が気になり寝返りしづらかったです。

 

 

 私の産院は、助産師さん方が非常に良い人ばかりで、とても良いお産になりました。

そして、助産師さんは痛みを逃してくれるのがとても上手ですね。夫も頑張って立ち会ってくれましたが、助産師さんのケアの仕方は本当に素晴らしいものでした。

 

ではでは。

纏まりのないレポートでしたが、最後まで読んで下さって有難うございました★