読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT系ガール

栄養学専攻した後、何故かIT業界で働いてる。英語と投資の勉強中。お料理と美容が好き。tweet(@katemofu2)より深く考えた事をブログに書いてます。

目的・ゴール・目標の違い

f:id:kate-san:20160408221329j:plain

目標の立て方にSMARTの法則がよく知られています。下記の頭文字を抜き出したもので、どの単語の頭文字を取るかは諸説あるようです。

 

 Specific:具体的である
 Measurable:測定可能である
 Accepted:受け入れられた
 Reasonable:合理的な
 Time-bound:期限がある

 

要するに、具体的に期限を決めて進捗の管理できる目標を立てましょうということです。

 

さて、「目標」とは何でしょうか?

 

同じような言葉で、「目的」があります。「ゴール」と言い方をするときもあります。

それぞれの意味を分かっているようで分っていません。言葉の意味を明確にして計画を立てることで自分の目指すところの道筋や最終地点が明確になりますので、参考にしてください。

 

目的

到達しようとして目指す事柄(最終地点)

ゴール

目的を達成するための目指すべき最終的な目標

目標

ゴールにたどり着くための目印(複数設定可能)

利用例

英語力の向上について、目的を定める場合

 

目的  

  • 日常生活やビジネスの場で英語に困らないこと

 

ゴール

  • 英検1級・TOEIC900点・TOEFL100

 

目標(今回は6つ設定)

  • 目標1:英検3級合格
  • 目標2:英検2級合格
  • 目標3:TOEIC800点
  • 目標4:英検1級合格
  • 目標5:TOEIC900点
  • 目標6:TOEFL100点

 

目標をすべて達成するとゴールに辿り着き、結果として目的を到達すことになります。