IT系ガール

栄養学専攻した後、何故かIT業界で働いてる。英語と投資の勉強中。お料理と美容が好き。tweet(@katemofu2)より深く考えた事をブログに書いてます。

社会人が英語を習得する方法を提案させて下さい。第3回英検3級合格

f:id:kate-san:20160411232624j:plain

今回からは具体的な勉強方法について提案させて頂きます。

前回までは「英語の勉強を進める流れ」と「利用する教材」を提案させて頂きました。

 

第1回 kate-san.hatenablog.com

第2回 

kate-san.hatenablog.com

 

今回は英検3級に合格するための勉強方法です。英語の勉強の始まりです。

 

1.中学時代の英語の記憶を呼び起こし、まずは「中学英語自由自在」です。

文法の説明の後の「確認しよう」という小問があり、一つの文法項目が終わるとExerciesという復習問題があります。文法の説明を理解して、すべての問題を解いてください。章として導入編、第1編~第5編がありますが、第1編~第3編のみ行います。

 

<勉強方法>

(1).第1編~第3編の文法項目の理解、小問、復習問題を行う。

(2).第3編まで終わったら、すべての復習問題を再度行う。

 

中学レベルの文法の理解が重要です。初心者向けの様々な参考書がありますが、浮気せずに「自由自在」を徹底的にやりこんでください。(2)まで終われば次に進みましょう。

 

2.過去問の挑戦 

過去問は英検ホームページで無料でダウンロードできますが、解説がありません。旺文社が解説付きで問題集を発売していますので、かならず解説付きの過去問を利用してください。

 

 過去問は、実際の試験と同じように解いてみます。解いた後の採点をして、自分の実力を見極め、徹底的に復習を行います。

 

<勉強方法>

(1).最新の過去問を行い採点をする。

(2).すべての問題を復習する。不正解の問題を復習することはもちろんですが、、正解の問題においても理解が正しいかを確認します。知らない単語は意味を調べます。

(3).採点結果が合格ラインに達していた場合はここで終了。達していない場合はさらに昔の問題を合格ラインに達するまで行う。

 

復習方法の補足です。筆記試験の問題は、解説・自由自在・辞書を利用すれば十分に理解ができると思います。苦労するのはリスニングです。音を聞きながら英文を追い、英文の意味を理解しながら音を拾えるようになったら、同じスピードで声を出して読むということをしてください。英検3級レベルであれば、音を聞いて、声を出して読むということを過去問で繰り返し行えば合格レベルに達します。

 

補足 面接対策 

英検は一次試験に合格すると面接の試験があります。3級の面接は簡単です。面接時間は10分程度で、質問パターンは固定です。落とすための試験ではなく、勉強の意欲を上げるための試験なのである程度受け答えができれば合格します。社会人に言うのもなんですが、元気よく回答しましょう。試験の流れは以下となります。

 

入室

あいさつとカードの受け取り

問題カードの黙読・音読

問題カードに関する質問3つ

受験者自身に関する質問2つ

カード返却と退室

 

勉強方法ですが、下記に5回分の面接があるので、すべて解いてパターンを覚えてください。予想問題1つにあたり5回練習して、合計25回練習をして下さい。

英検 二次試験・面接 完全予想問題

 

3.英検3級合格

英検3級に合格をしたら目標1の達成です。不合格であれば、過去問を再挑戦してください。

 

次は目標2の英検準2級に進みます。