読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT系ガール

栄養学専攻した後、何故かIT業界で働いてる。英語と投資の勉強中。お料理と美容が好き。tweet(@katemofu2)より深く考えた事をブログに書いてます。

問題・課題・リスク・TODOの違い

f:id:kate-san:20160416173039p:plain

課題管理表やTODOリストをエクセルで作成しながら仕事を進めていくうちにだんだんと更新頻度が少なくなり、いつの間にかに形骸化していく経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか。

 

形骸化する原因は、更新頻度が減り情報の鮮度が悪くなり、仕事を進めるうえで不要なものになるためです。

 

更新頻度の減る理由の一つは、課題管理表やTODOリストに「問題」「課題」「リスク」「todo」など種類の違うものをごちゃまぜに書いてしまい、リストが増えすぎ管理しきれなくなることだと考えています。

 

課題管理表には「課題」のみを記載して、TODOリストには「todo」のみ記載するというようにきちんと整理をして管理する必要があります。

 

「問題」「課題」「リスク」「todo」の違いについて整理をしてみました。

 

「問題」 : 目的を疎外するような事象

「リスク」: 将来、目的を疎外する可能性がある事象(発生したら「問題」となる。発生しないように頑張る!!)

「課題」 : 「問題」を解消するため、もしくは「リスク」を顕在化させないために解決するべきこと(自分で意識して設定する)

「todo」 : 課題を解決するための具体的な作業

 

図にすると以下になります。

f:id:kate-san:20160421205142p:plain

 

「問題」や「リスク」は発生しますが、「課題」は自ら設定します。「課題を課す」といいますが、「問題を課す」とはいいません。

 

違いを理解すると、「課題」を「TODO」に落とし込んだ段階で、課題管理表からひとつ項目がなくなります。「TODO」を課題管理表に書かなくなり、課題管理表がすっきりします。

 

ぜひ、参考にしてください。