読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT系ガール

栄養学専攻した後、何故かIT業界で働いてる。英語と投資の勉強中。お料理と美容が好き。tweet(@katemofu2)より深く考えた事をブログに書いてます。

パソコンに殺意!延長保証は必要か?結論はAsus。

IT

f:id:kate-san:20160511203802p:plain

私はIT系のお仕事をしているせいか、おんぼろパソコンを支給されると殺意を覚えます。(笑)過去、お仕事でメーカ製の"3年間保証付き"のパソコンが支給されていましたがスペックが悪く日々イライラしていました。このパソコンは低スペックのくせに価格が高かったため、コスト削減を理由に調達するパソコンを変更したことがあります。メーカのパソコンではなく、ノーブランドの保証なしのパソコンに変更しました。1台あたり3万円程度のコスト削減となったため、比較的簡単に社内承認を得ることができました。

 

快適に仕事ができるようになり気分は上々!そしてコスト削減も評価され給料UPを密かに期待をしていたことを覚えています。

 

ノーブランドの保証なしというのがコスト削減に貢献したのですが、”保証なし”にすることは本当に意味があるのでしょうか?

 

おそらく企業側は頭が良い人がたくさんいるので、保証あり・なしで、総額のコストは変わらないように緻密に計算しているはずです。生命保険が予定死亡率で料金を決めているように!

 

少し古いデータとなりますが、2009年にSquareTrade社が故障率を公表していましたので、計算してみたいと思います。

 

SquareTrade

1 in 3 Laptops fail over 3 years: Netbooks fail 20% more than laptops; ASUS & Toshiba the most reliable

ノートパソコン購入後3年以内の故障率
メーカー 故障率
HP 25.6%
Gateway 23.5%
Acer 23.3%
Lenovo 21.5%
Dell 18.3%
Apple 17.4%
Sony 16.8%
Toshiba 15.7%
Asus 15.6%

 

HPの故障率が非常に高いです。日本製は安定してます。

 

1.コスト試算条件

100台のパソコンを購入して3年間利用する場合のコストを保証あり・なしで比較します。保証なしのパソコンでも標準保証が1年ついているので、最初の1年間は故障しても無償で修理してもらい、2年目と3年目で故障した場合は、同じパソコンに買い替えることにします。

 

 2.試算用のパソコン

故障率が高いHPのパソコンを使います。

日本HP 公式オンラインストア HP Directplus 中小企業のお客様から 探しました。

 

<スペック>

ProBook 430 G3/CT Notebook PC
Windows 10 Pro (64bit) / OFFICE無し
インテル(R) Core(TM) i3-6100Uプロセッサー (2.3GHz/3MB)

 

<価格> 

保証なし:¥71,064(1年間の保証は標準でついてきます)

保証あり:¥82,944(3年間の保証を追加購入)

 

3.試算結果

故障率 1年保証パソコンの
総額コスト/3年
3年保証パソコン
の総額コスト/3年
差額
30% ¥8,527,680 ¥8,294,400 ¥233,280
29% ¥8,480,304 ¥8,294,400 ¥185,904
28% ¥8,432,928 ¥8,294,400 ¥138,528
27% ¥8,385,552 ¥8,294,400 ¥91,152

26%

¥8,338,176 ¥8,294,400 ¥43,776
25% ¥8,290,800 ¥8,294,400 ¥-3,600

24%

¥8,243,424 ¥8,294,400 ¥-50,976
23% ¥8,196,048 ¥8,294,400 ¥-98,352

22%

¥8,148,672 ¥8,294,400 ¥-145,728
21% ¥8,101,296 ¥8,294,400 ¥-193,104
20% ¥8,053,920 ¥8,294,400 ¥-240,480
19% ¥8,006,544 ¥8,294,400 ¥-287,856

18%

¥7,959,168 ¥8,294,400 ¥-335,232

17%

¥7,911,792 ¥8,294,400 ¥-382,608

16%

¥7,864,416 ¥8,294,400 ¥-429,984
15% ¥7,817,040 ¥8,294,400 ¥-477,360

 

故障率が25%以上では、保証ありパソコンが有利で、25%以下では保証なしパソコンが有利となりました。

 

HPの故障率は25.6%なので、保証ありでもなしでも総コストは同じです!!!!!

 

 4.グラフ

グラフにするとこのような感じです。

 

f:id:kate-san:20160430185101p:plain 

5.最後に

HPは計算してますね!

他社で試算した場合にも同じ結果になるのでしょうか?

今回は3年間の故障率しか取得できませんでしたが、仮に初期不良率が高ければ、延長保証を契約する必要がなくなります。初期不良率はメーカは公表しないでしょうね。売り上げ減るので。

 

結論としては、故障率の低いメーカのパソコンを延長保証なしで購入することが最もお得です!あたりまえの結果。

 

 Asusですね。

呼称は「エイスース」だよ。台湾の会社です。

 

それじゃまた。

 


OL ブログランキングへ